トップ画像
- 管理人のWEB技術向上を目指すと共に,IT系・プロ野球・身の回りに起こったことなど綴っているサイトです -

Zenfone Max M1 を二週間レビュー

4年以上使用したNexus5のバッテリー持ちがひどくなったので買い替えました。
2カ年が経過したころバッテリー交換を行ったのですが、スタンバイ時の消耗が著しかったため、バッテリー性能かつ低価格重視でこの機種に決めました。
3年ほど持てば良いでしょうか。。主な特徴をまとめました。

■バッテリー性能
本機種の目玉である4000mAhのバッテリーです。
ヘビーユースしても丸一日は持続しますし、ライトユースなら2-3日は持ちます。
Nexus5(2300mAh)に比べると、充電時間は掛かりますが、この容量だと出先でも頼もしいです。
ただ注意してほしいのが独自の電池節約機能です。
デフォルトではアプリの自動起動が無効化されています。
SNSの通知を受け取りたい場合は自動起動をONにする必要があります。
設定→電池→自動起動マネージャーからいけます。
私の場合「Y!メール」アプリが無効化されていたためにメール受信通知がきませんでした。
LINE等、アプリ設定を見直しても通知が来ない場合、こちらを確認するとよさそうです。

■外観・インターフェイス
エクステリアの特徴は以下のようになります。
ベゼルレスデザイン(ノッチなし)、2.5Dガラス、3.5mmイヤフォン使用可、MicroSD使用可、DSDS-デュアルシムデュアルスタンバイ-、充電はmicroUSB端子を使用
サイズ感はNexus5比大きめで5.5inch/18:9、片手で全てを操作するのは難しいです。
ですが、一度に表示される情報量が多いためスクロール回数が減るかもしれません。
片手モードも搭載されているので活用してみるのもありです。

■Zen Motion
Zenfone共通の機能かと思われますが、画面ダブルタップでスクリーンON/OFFができます。その他にも端末を裏返すとミュートになるなど様々な機能が搭載されています。(画像参照)

■デメリット
ディスプレイ
HDです。FHDも多く出回っているなか、多少見劣りする部分ではありますが、しばらく使っていると気にならなくなってくるかと思います。

カメラ性能
レンズのせいか、見た目より暗く映る印象です。
またノイズがでやすいですが、しっかりホールドしてフォーカスすればある程度軽減されます。HDRを利用しても良いかもしれません。

Wi-Fi
11acに対応していません。

■後記
当方OCNモバイルONEで運用しています。
マップのGPS精度も正確で、ドライブにも活用できます。
見た目も、プラスチック+塗装だと思われますが、この価格帯にしては高級感もあり安っぽくありません。(サンライトゴールドのみ確認)
低価格ながら大容量バッテリー、上質なデザイン、指紋/顔の生体認証、DSDS、広角デュアルレンズを備えているところは評価できます。
ただ、カメラ性能を重視する方にとっては、この点のみがネックとなります。

これから、日々進化し多様化、高価格化していく端末市場で、いかに、自分のニーズとその機種が持つ性能・価格とをすり合わすことができるか、という所が難しくもあり、機種選びの面白さであると考えます。
端末選択の参考となれば幸いです。
IMG_20181017_185205

Screenshot_20181118-174958

コメント書いてみる?

*コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

Connect

Tag cloud

Sponser



Counter

▲ Page top

  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 口コミ  料理 専門学校  セブ  タイヤ 交換  タイヤ アルファード 激安  美容専門学校 東京  IKD  タイガーアイ  心理 東京 大学  株プロフェット  レジェンド ホンダ 中古  名簿販売