トップ画像
- 管理人のWEB技術向上を目指すと共に,IT系・プロ野球・身の回りに起こったことなど綴っているサイトです -

『PC周辺機器』カテゴリーの投稿一覧

マザーボードの電池を交換する

マザーボードの中に入っているボタン電池(コイン電池)が切れると、BIOSの時計がリセットされます。
設定し直して保存(Save & Exit)するとPCを起動することができます。
この状態でシャットダウンし、電源コードを抜いたり、電源タップをオフにすると、再びBIOSの時計がリセットされます。
通電している状態だとその必要はありません。
ですので電池が切れたからといって大きな支障があるわけではありません。

しかしパーツ交換や内部の掃除をする際に設定し直すのも面倒なので、電池を交換した方が良いかと思われます。

ほとんどの場合、電池の種類はコイン型電池の「CR2032」です。
リチウムバッテリーとか、3Vとか表記がされており、100円ショップでも入手可能です。

交換方法も簡単でマイナスドライバー等を電池の底に入れ手前に引くと取り外せます。
新しい電池は+(プラス)面を上にして装着します。

ubuntuでデュアルモニタをやってみる

2画面による作業効率の向上と、余っているモニタ(テレビ)の活用を目的にデュアルモニタ(デュアルディスプレイ、マルチモニタとも)を行った。
デュアルモニタ化以前の環境はこうである。

マザーボード:ECS G31T-M
CPU:Intel Core 2 Duo E8400 @3.00Ghz*2
RAM:3GB
OS:Ubuntu14.04 LTS 32bit
外部映像出力:D-sub15(VGA.青いジャック。オンボード)

この環境からデュアルモニタを行う。
上記の通り映像出力端子は一つしかないので、新たにグラフィックボードを追加する必要がある。
そこで今回購入したグラフィックボードがこちら。

SAPPHIRE HD6450 512M DDR3
メーカー公式サイト

http://www.sapphiretech.jp/products/hd-6400-pcie/hd6450111900120gvd4243.html

GPUはAMD RADEON。
外部出力はDVI-D(デュアルリンク)*1、D-sub15(VGA)*1、HDMI*1
補助電源は必要なし。
今回はドスパラ中古通販(完品)より購入。

グラフィックボード追加にあたって注意する点は4つ。
①ケース内の空間とボード寸法
②PCI Expressに空きがあるか
普通グラフィックボードはこの規格に挿入する。PCI Express2.1など数字がついている場合があるがどの場合も互換性がある。
③消費電力
④補助電源が必要か否か
補助電源が必要な場合給電システムのpin数を確認する。

PCとグラフィックボードのスペックを確認したら、マザーボードに刺していく。
取り付けにあたって必要なものはケースを開けるときのドライバーくらいで、メモリ交換・増設と同じ要領で取り付ける。

取り付けたら、PCを起動して動作を確認したいところだが、一つ注意点がある。
マザーボードの種類によっては、オンボードとグラフィックボードの併用(同時出力)ができないものがある。筆者のマザーボードの場合、グラフィックボードの出力が優先され、オンボードは自動で停止制御される。BIOSの設定を見ても併用できるような項目は見当たらない。古めのマザボの場合このような現象が起きることも想定しておきたい。

PCを起動するとドライバーをインストールしなくても認識し、デュアルモニタが成功した。
ディスプレイの設定から、ランチャーの配置、ミラーリング等の設定ができる。

ということでグラボ増設、モニタ追加の結果、以下の構成になった。

○PC(ECS G31T-M)
DVI-D(デュアルリンク)*1、D-sub15(VGA)*1、HDMI*1

○モニタ1(LG L1953T 19inch)
DVI-D(デュアルリンク)*1、D-sub15(VGA)*1
DVI-D端子を使用。ケーブルはDVI-Dオスオス

○モニタ2(SHARP LC-26E7 26inch)
D-sub15(VGA)*1、HDMI*2
D-sub15(VGA)端子を使用。ケーブルはD-sub15オスオス

P.S.
グラフィックボード増設にあたってDVI端子について調べていると、DVIにはいくつかの種類があったので以下にまとめておく。

○DVI-Dの特徴
デジタル信号のみ伝送。
端のコネクタピンが―になっている。
シングルリンクとデュアルリンク(ピン数多め)がある。

○DVI-Iの特徴
デジタル/アナログ信号の両方を伝送。
端のコネクタピンが※になっている。
シングルリンクとデュアルリンク(ピン数多め)がある。

シングルとデュアルの違いは
シングル→1920dpi×1200dpiまで対応
デュアル→2560dpi×1600dpiまで対応
です。

上記ずれの場合もシングルのオスは歯が少ないだけなのでデュアルのメスにも刺さります。
また最近でたモニタやグラボのDVI端子はほとんどがメスだそうです。

マウスの読み取り方式の違い

1年くらい前に買ったマウスのパッケージに書かれていて、こういう種類があるんだなあと思ったので一応メモっとく。
ちなみに以下の文章はそのパッケージに書いてあるものを写しただけです。

・Ultimate Laser
次世代のLaser。暗視野顕微鏡の技術を応用し、無色透明なガラス面や、光沢面など、あらゆる操作面での使用が可能です。現在最も高い読み取り性能を誇る方式です。

・Laser
光の拡散が小さいため、光学式に比べ読み取り精度が高く、安定感があります。光沢のあるプラスチック面でも使用することが出来ます。

・Blue LED
次世代の光学式。Red LEDに比べ波長が短く、小さな凹凸や埃でも正確に光が反射してセンサーに届くため、従来の光学式が苦手とするガラス面や透明シート、カーペットの上などでも動作するようになりました。

・IR LED
赤外線LEDを使った光学式。BlueLEDやRedLED、レーザーよりも消費電力が小さく、無線マウスの電池が長持ちします。

・Red LED
赤色LEDを使った従来の光学式。現在最も普及している方式です。

モニタ修理したときのまとめ[LG 1953T]

ある日パソコンを起動すると画面に何も映らない。
再起動してみるも相変わらず。しかしLAN内の他のパソコンからのアクセスは出来、モニタの電源だけが入らないのでモニタの異常と断定。
以下、モニターの電源が入らなかった時に私がどうやって直したのかをまとめたものである。

このモニタ(LG 1953T)は一昔前のスクエア型19インチであるため、新規に現在主流のワイドを購入しても良かったのだが、どうせ処分するなら・・・思いと弄ってみたくなったのである。
(私は素人であるため専門的な事は分かりません。)
とりあえずググった結果から4つのサイト様をピックアップし、参考にさせて頂いた。(感謝です!)

へぽよんのネタ帳
http://blog.livedoor.jp/hepoyon/archives/51891996.html

おんらいんげーむ
http://games.ovlinc.com/archives/1527.html

すとらとのブログ —今日も格闘ちゅ(>_<)
http://ameblo.jp/android-develop/entry-11080593123.html

JH3FENの思いつくままに
http://blog.livedoor.jp/k320918/tag/DISPLAY

マザーボード上の膨張した電解コンデンサを交換する
http://www.kishiro.com/hardware/replace_expanded_capacitor.html(こちらでは交換の仕方を参考にしました)

原因究明

これらを見るとどれも原因が同じなのである。
その原因というのが内部基盤にくっついているコンデンサーの異常だ。
本来、異常はテスターという機械を使って調べるものであるらしいが、私は素人なので上記サイト様に書いてあるように、コンデンサー上部の膨らみで判断した。
正常なものと比べるとぷくっと膨れ上がっているのが確認できる。
DSC00033

道具準備

原因が分かったところで、コンデンサーを交換するために必要な工具と新しいコンデンサーを揃えなくてはならない。
まずハンダごて。ホームセンターなどで売っている。種類は40W~50W、電子工作用ものがいいらしい。千円前後。
そしてハンダとハンダ吸い取り線。同じくホムセンで。後者は古いハンダを取るときに使用する。どちらも数百円で買える。
最後にコンデンサー。これはホムセンにはないと思います。販売店を探すのは難しいと思いますが、ネット通販等でも買えます。数十円~百円前後。

画面分解

ではモニターを分解します。
小さめのマイナスドライバーで四方をこじ開けます。
多少キズが付くと思いますが、勇気をもって開けましょう。
そしたら液晶面を下にして4つのネジを取ると枠組みが外せます。
DSC00027
とりあえず分解しまくって基盤だけを取り出してください。
このときどことどこの線が繋がっていたか覚えておくか写真に撮っておいてくださいね。

交換作業

やっと交換作業に入れます。
ハンダごての扱い方はググれば沢山出てきますので割愛。
意外とハンダ吸い取り線の使い方が難しかったりして、初めての私は苦戦しました。
交換出来たら元通りに組み立ててお終いです。
DSC00037
DSC00038

編集後記

今回新しくしたコンデンサーは、交換する前のものと全く同じではありません。(店の在庫の関係上)
例えば1000μF25Vの代用として1000μF35Vを使用したり、シリーズもバラバラでした。
しかし25Vから35Vにするくらいでしたら代用が利くようです。
それにしても初めての経験でしたがこれだけの部品交換で治ってよかったです。

最後に写真をうpして終わります。

DSC00028

DSC00029

DSC00030

DSC00031

DSC00032

DSC00039

DSC00042

DSC00043

格安イヤフォンを買ったら案外良かった件

格安イヤフォンを買ったら案外良かった件。

実を言うとここ半年間、俺はまともに音楽を聴けなかったぁ~
理由は単純。イヤフォンがぶっ壊れた。それだけ。(1年もしないのに)
でもこれが私生活には大きいんだよね。
通学中とか、移動時間とか、まあ単語帳でも開けやって感じだけどねw

そろそろ本題に入ります。
今回買ったのは激安イヤフォン。なんと700円。
(more…)

Connect

Tag cloud

Sponser



Counter

▲ Page top

  プロフィール  PR:無料HP  きよ武自動車学校  Webデザイン 学校  18インチタイヤを探す  タイヤ 空気圧  タイヤ ポルテ 新品  声優 体験入学  ホイールキャップ  秩父自動車学校  タイガーアイ  リフォーム 見積  音楽 専門学校 福岡  タイヤ 取付 津山市  リノベーションセミナー