トップ画像
- 管理人のWEB技術向上を目指すと共に,IT系・プロ野球・身の回りに起こったことなど綴っているサイトです -

2018年6月の投稿一覧

cprm decrypterの簡単な使い方

.exeを起動し、ソースのドライブ選択、出力先フォルダを選んだら
c2dec設定にいきます。
チェックを入れるのは
c2decの利用を可能にする
映像制御情報[R値]を除去する
画面比[W値]を16:9にする
音声制御情報[C値]を除去しない
にして、画面下部のイラストをクリックするとコマンドプロンプトが開き、解析が始まるようです。
「出力先フォルダ」をデスクトップにするのではなく、何かしらのフォルダ(空でも良い)を指定してあげるとうまくいきます。

DVD Flickの使い方-16:9ワイドで再生できるようにする-

DVD Flickを用いてDVDを作成する際、デフォルトの設定では
アスペクト比が16:9にならず、縮小されて出来上がる場合があるのでその対処法。

タイトルを追加し、project settingsなどを済ませたら(過去記事参照)
画面右にある「Edit tittle」を選択します。
dvd2
「General」からTarget aspect ratioを「Widescreeen(16:9)」にします。
dvd3
更に、「Video sources」からPixel aspect ratioを「16:9」にします。
dvd4
これで、16:9ワイドスクリーンでdvdが作成できるはずです。

DVD Flickの使い方-DVDプレイヤーで再生できるように作成する-

DVD Flickを用いてDVDを作成する際、デフォルトの設定では
一般用DVDプレイヤーで再生できない場合があるのでその対処法。

タイトルを追加したら上部メニューの「Project settings」をクリックします。
「Burning」を選び、
「Create ISO image」
「Burn project to disc」
「Automatically erase disc if it is rewritable」
「Delete ISO image after burning」
「Verify disc after burning」
「Eject tray when done」
のそれぞれにチェックを入れてください。

dvd1

あと念の為、project settingsのvideoから設定が「NTSC」になっていることも確認していてください。
デフォルトでそうなっているとは思いますが。。

そしたら上部メニュー「Create DVD」を押してください。
何やら警告めいたメッセージが表示されますが無視して進めても問題ありません。
エンコード、オーサリングが行われた後、dvd flickに同包されているimg burnというソフトが起動し、ライティングが始まります。

Connect

Tag cloud

Sponser



Counter

▲ Page top

  プロフィール  PR:無料HP  氷見自動車学校  お見合い結婚  夏タイヤ  中古ホイール 新潟  タイヤ エルグランド 格安  環境 専門学校  カーナビ 中古  パワーストーンで恋愛運向上  埼玉 物流  TMJ投資顧問 詐欺  中古タイヤ 米子市  シアリス 評判