トップ画像
- 管理人のWEB技術向上を目指すと共に,IT系・プロ野球・身の回りに起こったことなど綴っているサイトです -

マザーボードの電池を交換する

マザーボードの中に入っているボタン電池(コイン電池)が切れると、BIOSの時計がリセットされます。
設定し直して保存(Save & Exit)するとPCを起動することができます。
この状態でシャットダウンし、電源コードを抜いたり、電源タップをオフにすると、再びBIOSの時計がリセットされます。
通電している状態だとその必要はありません。
ですので電池が切れたからといって大きな支障があるわけではありません。

しかしパーツ交換や内部の掃除をする際に設定し直すのも面倒なので、電池を交換した方が良いかと思われます。

ほとんどの場合、電池の種類はコイン型電池の「CR2032」です。
リチウムバッテリーとか、3Vとか表記がされており、100円ショップでも入手可能です。

交換方法も簡単でマイナスドライバー等を電池の底に入れ手前に引くと取り外せます。
新しい電池は+(プラス)面を上にして装着します。

コメント書いてみる?

*コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

Connect

Tag cloud

Sponser



Counter

▲ Page top

  プロフィール  PR:無料HP  パーティ カラコン  電気工事士 資格  バイクの中古パーツ専門店  中古ホイール 岡山  タイヤ セレナ 新品  デビュー 専門学校  アクシス 中古パーツ  数珠  認定心理士  ライジングブル  タイヤ取付交換  名簿業者